クール寝具

クールフィール28

原発事故以降クール寝具に注目が集まっている中、京都西川が発売するクール寝具は「冷たい」だけではなくて、その他にも機能を備えている商品を用意しています。
「クールフィール28」は、室温28℃の設定の中、快適に眠ることができるように考え出された湿度がコントロールできるクール寝具です。
東洋紡と京都西川によって共同開発された「クールフィール28」は、発売から数年たって夏の定番アイテムとして定着してきました。
2011年にはエコ商品として、多くのメディアからも注目されました。
夏の夜の寝苦しさの原因は、汗や皮膚から蒸発する不感蒸泄による寝床内の多湿が大きなものとなっています。
湿度が変われば不快感も変わってきます。
クールフィール28では、寝床内の湿度を吸収して発散していくことで不快感を抑えることができる湿度コントロール寝具なのです。
クールフィール28は温度28℃、湿度65%の環境において一般的なダウンケットよりも寝床内の湿度を19%も抑えることができたそうです。
室温28℃の状態でクールフィール28を使うと、26℃の環境で夏用のダウンケットを使うときと同じくらいのさわやかさで眠ることができるそうです。
さらに家庭で洗濯できるためいつも清潔な状態で使うことができます。
一般的に男性には暑がりの人が多くて、女性には冷え症の人が多いという男女の基礎代謝量の違いを考慮して、クールフィール28の各アイテムには男性用と女性用が用意されています。
クールフィール28は百貨店を中心に販売されています。
クールフィール28には、肌ふとんや敷きパッドやピロパッド、クールケットやクォーターケットなどのアイテムがあります。

«  クールフィール28 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi